時刻表現に国際海洋信号旗

コルムを代表する時計のひとつ、「アドミラル」。最新作にも生かされている独特の形状は、1983年に登場した写真のモデルがモチーフとなっている。当時、一世を風靡したために記憶にある人もいるだろう。この時計には、国際的に権威あるヨットレース「アドミラルズカップ」にオマージュを捧げる、いくつかの特徴的なディテールが見て取れる。 まず、インデックスに配置されているのは、船乗りたちが航海時に使用する国際海洋信号旗。これは、旗の柄が表す数字をそのままアワーマーカーとしてダイヤルに採用。また、モデルの顔である正12角形ベゼルは、ヨットに使われるナットのデザイン。さらには、伝説の「ガンブルー」と呼ばれた大海原を思わせる青色に塗装。このように、ほかの時計には見られない独創性が、コルムの核となって、現代に継承されているのだ。