BACK TO INDEX

NEW ITEM

暗闇で怪しげに発光するスカルが特徴的な『バブル 47 エックスレイ』が新登場

 

コルムが時計コレクション「バブル」を初めて発表したのは 2000 年 。

オーバーサイズのケースに 、分厚いドーム型サファイアクリスタルを風防に採用したデザインは 、当時のブランドオーナーであったサヴァリン ・ ワンダーマンが発案したものでした 。 その特異なフォルムは時計界に大きな衝撃を与え 、瞬く間に熱狂的な人気を集めます 。

今年 、 コルムは初期のデザインにインスパイアされた 『 Bubble 47 X Ray(バブル 47 エックスレイ)』 を発表し 、 新しいデザインを纏ったバブルを世に送り出します 。

 

『 Bubble 47 X Ray 』 は 、バブルのルーツに敬意を表し 、高度にデザインされたリアルなスカルモチーフを文字盤の中央に配しています 。巨大なドーム型のサファイアクリスタルが盤面をわずかに歪ませますが 、 暗闇で発光するため  昼も夜も問題なく時刻を確認することができます 。暗所ではスカルがグリーンに発光し 、不気味ながらも挑発的なデザインが魅力を放っています 。ベルトには 、裏面をラバーで加工したアリゲーター風の合成ストラップに 、ネオングリーンのステッチを施しました 。

 

 

『Bubble 47 X Ray 』 は  細部にまでこだわり抜く一流の時計製造技術を用い 、時計コレクション「 バブル 」のオリジナルコンセプトである 大胆さ ユニークさ を忠実に表現しています 。 自身のパーソナリティを独創的に表現することを楽しむ人たちのためのタイムピースです 。


商品ページはコチラ
コレクション一覧はコチラ