ラグジュアリー
スポーツウォッチの
新機種として注目の
「アドミラル」

scroll

ここ数年、時計市場で話題なのが、ラグジュアリースポーツウォッチ、通称ラグスポ時計。高級感のあるディテールと、スポーティなデザインを併せ持つ腕時計を意味します。主に強固なステンレススチールを採用し、高級感に加えてスポーティさが伴うので汎用性が高く、シーンを選ばずに使用できる点が人気の秘密。

ラグジュアリースポーツウォッチの注目株として、デザインを一新した「アドミラル」がとりわけ話題。多角形時計にしてシックなデザインは、まさにシーンを問わず使えるでしょう。

コルムは時計業界において革新的なモデルを次々と展開している稀有なブランドです。創業者であるルネ・ヴァンヴァルトは、18歳という若さで世界的な名門時計会社に入社し、次々と名作時計の開発に関わっていく。その後、ブランドの枠にとどまらず、革新的な時計を開発したいという思いから、1955年にコルムを創業します。

その後も革命的な時計を次々と発表します。アイコンの一つである「アドミラル」(1960年)、希少価値の高い本物の20ドル金貨を超薄型ムーブメントに収めた「コインウォッチ」(1964年)、世界で初めてベゼルにインデックスを刻んだ「ロムルス」(1966年)、ムーブメントをサファイアクリスタルケースに収めた「ゴールデンブリッジ」(1980年)、本物の隕石を文字盤に使用した「メテオライト」(1986年)など、他の時計ブランドではなしえなかったモデルを続々展開。こうしたモデルはその後、時計業界でも大きな影響を与えることになったのです。

現在はスイスでも“時計の聖地”と言われるラ・ショード=フォンに近代的な工場を構え、厳密な品質管理の下、時計製造が行われています。日本ではシンプルな時計のイメージがあるかもしれませんが、ゴールデンブリッジをはじめ、ミニッツリピーターやトゥールビヨンといった複雑時計のコレクションも自社で製造しています。

そんなコルムのエンブレムには鍵のマークが使われており、「未来の扉を開く鍵」を表現しています。目を惹く独創的なデザインと、そうしたアイデアを実現させる高い技術力を併せ持つコルムが、次々とマスターピースを送り出しているのは、常に時代に先駆ける革新性を絶やさないためなのです。

ラグジュアリースポーツウォッチとして
最注目される「アドミラル」
ADMIRAL

「アドミラル」は1960年、防水性を持ったスクエア型の時計としてデビュー。アドミラルズカップというヨットレースにちなんで登場し、当初はヨットレースをホテルで観戦したり、レース後に行われる船上パーティの際に着用するドレスウォッチとして人気を博しました。1983年に文字盤に国際信号旗が配される現在のようなモデルが登場し、ブームとなりました。そんなアドミラルが大幅にリニューアル。最新作は船用金具の12角形ナットをイメージした多角形時計にしてブレス仕様ということで、再び注目が高まっています。

ADMIRAL42 オートマティック(ブラック)

ADMIRAL42

多角型ラグジュアリースポーツウォッチの新機種

それまでアイコンであった国際信号旗はアウトラインでミニッツインデックスに転写され、バーインデックスを採用しより精悍な顔つきに。文字盤はブランド独自の立体的なグレナディア・フェンドゥ・モチーフのエンボス加工が施され、視認性も強化されている。文字盤に合わせてサファイアクリスタルが12角形となり、よりシャープな印象に。ダイヤルカラーはブラック。

商品詳細
ADMIRAL42 オートマティック(ブルー)

ADMIRAL42

優雅なマリンを感じさせるスポーティモデル

こちらはラグジュアリーな地中海の海をイメージしたブルー文字盤仕様の「アドミラル 42 オートマティック」。バーインデックスの採用により、よりシンプルな印象に。ブラック文字盤仕様と同様、立体的なグレナディア・フェンドゥ・モチーフのエンボス加工、3時位置にはデイトウィンドウ、6時位置にはスモールセコンドが配置されている。

商品詳細
ADMIRAL42 サンドブレイテッドガンメタル

ADMIRAL42

マットブラックでモード感が漂うマリンウォッチ

船用金具の12角形ナットをイメージしたケースにマットブラックのサンドブラスト加工を施し、文字盤は中央からグラデーションで仕上げている。国際信号旗のインデックスはシルバーで統一され、重厚にしてシャープな雰囲気を演出。ブレスレットも同様の加工がなされ、これまでの華やかな印象から進化した、渋いマリンウォッチに仕上がっている。

商品詳細
ADMIRAL38 アドミラル 38 オートマティック

ADMIRAL38

ブラック&ゴールドが映える男女兼用モデル

カラフルな印象のアドミラルも、ブラックとゴールドという2色使いで、ラグジュアリーなイメージに進化した「アドミラル 38 オートマティック」。シンプルなバーインデックスに加え、アイコン的存在だった国際信号旗はシンプルなアウトラインでミニッツインデックスに転写。ラバーベルトがマリンな印象を醸し出している。

商品詳細
ADMIRAL38 アドミラル38 日本限定モデル

ADMIRAL38

初期モデルのDNAを宿した日本限定モデル

1983年に発表されたオリジナルモデルから継承されている人気色ガンブルーを一面に配した日本限定モデルの「アドミラル 38 オートマティック」。ガンブルーは紺碧の海をイメージしたという独特の色調。文字盤のフラッグは立体的になり、ケースとブレスレットはピンクゴールドが配され、一層ラグジュアリー感を醸し出している。ユニセックスでも楽しんでいただけるよう、ケース径をやや小ぶりな38㎜に。

商品詳細
ADMIRAL レディスモデル

ADMIRAL

エレガントにしてラグジュアリーなレディスモデル

写真左/文字盤に合わせて12角形になったサファイアクリスタルを採用したシャープな印象のレディスモデル。ベゼルにはダイヤモンドが施され、ラグジュアリーさを際立たせている。写真右/日本で人気の高いMOP(マザー・オブ・パール)を文字盤に使用したモデル。小ぶりながらケースに使われたピンクゴールドと相まって、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出している。

商品詳細(左)
商品詳細(右)